メニュー

脂質異常症

脂質とは

脂質は、糖質・タンパク質と並んで身体に欠かせない三大栄養素の一つであり、脂質は通常であれば、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪が、血液中にバランスよく含まれています。また脂質は、糖質やタンパク質が1gあたり4kcalであるのに対して、脂質は倍以上の9kcalもあるエネルギーの貯蔵庫です。さらにエネルギー源だけでなく、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の吸収を促すなど、重要な役割を担っています。

WEB予約はこちら

脂質異常症とは

脂質とは前述した通り、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪の3つの要素から構成されています。

通常私たちの体内では、この3つがバランスよく含まれていますが、中性脂肪やLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が多くなりすぎたり、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が少なくなると脂質異常症と診断されます。

HDLコレステロールは血管や体の末梢組織に蓄積した余分なコレステロールを肝臓に運搬し、最終的に排泄を促す役割があります。このHDLコレステロールが少なかったり、LDLコレステロールや中性脂肪が多いと、血管内壁にコレステロールが溜まり、血管のしなやかさを低下させたり、血管内腔を狭くさせ血液の流れを阻害する「動脈硬化」となる可能性が高くなります。

「動脈硬化」は脳梗塞や、肺塞栓、心筋梗塞などの命に関わる重大な疾患の要因となります。そのため動脈硬化を予防することが必要不可欠となります。

WEB予約はこちら

脂質異常症の基準とは

血液の中の脂肪分はいくつかのタイプに分けられ、健康な人は、LDL-コレステロールが140mg/dL未満、HDL-コレステロールが40mg/dL以上、トリグリセライド(中性脂肪)が150mg/dL未満です。この三つの値のいずれかがその範囲を超えた状態が、脂質異常症です。

LDLコレステロール値

判定

60-119

異常なし

120-139

軽度異常

140-179

要再検査・生活改善

59以下もしくは180以上

要精密検査・治療

 

HDLコレステロール値

判定

40以上

異常なし

35~39

要再検査・生活改善

34以下

要精密検査・治療

 

中性脂肪

判定

30-149

異常なし

150-229

軽度異常・生活改善

230-499

要再検査・生活改善・治療

29以下もしくは500以上

要精密検査・治療

WEB予約はこちら

脂質異常症の原因とは

脂質異常症の発症には、過食、運動不足、肥満、喫煙、飲酒、ストレスなどが関係しているといわれています。

特に、お腹の中に脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」の方はLDLコレステロールや中性脂肪が多くなり、HDLコレステロールが少なくなりやすい傾向があります。また、遺伝的な要因によって起こる「家族性高コレステロール血症」というものもあります。このタイプは、通常の脂質異常症に比べてLDLコレステロール値が著しく高く、動脈硬化が進行しやすいとされています。

親や祖父母、兄弟など血のつながった親族に脂質異常症や、男性で55歳未満または女性で65歳未満で心筋梗塞を起こした方がいる場合、家族性高コレステロール血症の可能性が高くなります。

さらに、特定の疾患により脂質異常症が症状として現れる疾患もあり、それを二次性脂質異常症と呼びます。二次性脂質異常症の代表的な病気は以下になります。

  • 甲状腺機能低下症
  • ネフローゼ症候群 
  • 腎不全・尿毒症
  • 閉塞性黄疸 
  • 糖尿病 
  • クッシング症候群
  • 自己免疫性疾患 
  • 薬剤性 
  • 妊娠

WEB予約はこちら

脂質異常症の改善のためには

中性脂肪の数値の改善
  • 中性脂肪は特に糖質によって増えるため、甘い飲料、お菓子、麺類は控えましょう。また同じ量を食べていても睡眠前に食事を取ると、身体を動かさない事から中性脂肪が増えやすいので、睡眠前の食事は控えましょう。またアルコールは大量に飲むとアルコールの分解に伴い、肝臓で中性脂肪の合成が進みます。
  • 中性脂肪の数値の改善には魚の油であるEPAやDHA、菜種油がよいとされ、中性脂肪の合成を抑えてくれます。
LDLコレステロール数値の改善
  • LDLコレステロールが高い方は、脂身のついた肉(ひき肉、鳥皮、ラード)や生クリーム、洋菓子を控え、玄米や、納豆、海藻、きのこ、こんにゃくなどの食物繊維の多い食品を積極的にとりましょう。
  • LDLコレステロールが低い場合はその陰に別の疾患が隠れている可能性が高いため、医療機関を受診しましょう
HDLコレステロール数値の改善

中性脂肪とHDLコレステロールは相反する関係にあり、中性脂肪が多い人は、HDLコレステロールが低くなりやすい傾向にあります。そのため、中性脂肪の改善がHDLコレステロール数値の改善に繋がります。

HDLコレステロールが高値の場合

男性では40歳以上、女性で閉経後にHDLコレステロールが100mg/dlを超える場合には、かえって動脈硬化が進んでしまう場合があります。原因として薬剤の副作用やアルコール、肺や肝臓の病気のことがありますので一度精査をお勧めします。

WEB予約はこちら

予約方法はこちら

岡山市東区東平島の『大上クリニック』は、呼吸器疾患、生活習慣病、循環器疾患、消化器疾患、老年疾患、甲状腺疾患、感染症を扱うクリニックです。ご自身やご家族の身体や健康で少しでも不安なことがありましたら、お気軽にご受診ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME